Continuous Journey

might write about my dreams, travel experiences, reading

5/16 振り返りと今後 その1 大学卒業まで

こんにちは。ゆめです。

知ってる方も多いかと思いますが、

3月まで1年間教員をしていました。臨時的任用講師というnot正規採用の1年契約のものでしたが💦

それをきっぱり辞めて1ヶ月以上ニート生活、最近ようやくバイト始めてフリーターに。あんまり変わらないかもだけど汗

スパッと言うと、今のところ、やめて良かったという気持ちが大きいです。

この一ヶ月半、いや去年1年を振り返りつつ、今後についてちょっと頭整理しながら綴ってみますわ。

まず、どうして新卒で教員になったのか。そこからですな。

大学入って、大好きな高校の先生にたくさん刺激を受け、教員免許取得することに。それと親にせっかく4大出るんだから大学でしか取れない教員免許絶対取りなさいじゃないと学費出さないわよと言われたのも大きいけど。。。

実習、実際教壇にたった1年間のほうが30倍は大変だったけど、履修、本当大変だったなあ。友達と励まし合いながらなんとか、でしたわ。

大学3年後半からは就活セミナーが始まり、とりあえず参加。

 まだ教員になるか、一般企業に就職するか迷いました。

先輩によると、教採と就活の両立はほぼ無理。とのこと。。。

んーどうしよう、どうしよう、、と考えつつも、授業・バイトに手一杯で頭まわらず。。。

準備不足のまま、就活解禁。3月1日。その時香港に旅行してたけどw

帰国後まあまあ就活進めつつ。でも何もわかってない状況のままやるから本当にダメでしたわー。

でも、ああ、世の中にこんな仕事があるんだなっていうことや、今会社ではこういうことが求められているのだなとか、自分をどんどんアピールしていくこと、メンタル面などなど、本当に勉強にはなった。

 ひとますGWころまでは就活を。内々定一ついただいてはいたのですが、辞退させていただいたのでした。でも勉強になったし経験になった。とても。

6月中旬から3週間、教育実習。楽しかったけど、仕事内容については、うーん、どうだろうなあといったところ。自分に向いているかははなはだ疑問しかなかった。

そこで、実習終了後キャリセンに相談。就活をするか、教採に専念するか。

そこでのアドバイスはこんなん。

「どんな仕事も、大変なことと、嬉しいことあるよ。でもその割合が人によって変わってくるんだ。教員はやりがいある仕事だよ。どっちもやってみて、その後どっちも選べるっていう状況になってそれから悩んでもいいんじゃないか」と。

そして教採に全力尽くす。正直かなり勉強した。

でも絶対に受からない前提だったw だって普通の人は3か月とか、1年とか勉強してるのに、あたしは実習終わってからのたった3週間w

どう考えても不可能かとw

でしたが、何故か1次試験合格w

人生トップレベルの謎。

2次試験の練習も友達とやりました。

当日はかなり緊張したものの、そのときあるすべての力は出し切った!と今でも言えるわw

でも、薄々落ちたな~とは感づいていた。

夏休み終わって、キャリセン行って相談。落ちてるかもなので就活した方がいいですかねえと。

そしたら、結果出てからでも就活はできるとのことだったので、そうしたww

いちおー、卒論も忙しかったしねー。

遊んで遊んでたけども?絢香ライブ、上海ディズニー、劇団四季はまり始めたのもこのころ。

11月。結果発表。。。

あ~~~~~~やっぱり落ちてた~~~~~~。笑笑

という気持ちもありながらも、

なんで?あんなに全力で取り組んだのに・・・!

という素晴らしくおこがましい気持ちwとまあ色々でした。涙こらえながら、友達と映画見に行った。多分君の名はかな?

でも、映画観終わって、友達と別れた後は駅まで号泣しながら歩いたような(^_^;)

そして再びキャリセンへ。話聞いてもらいつつ、悩み悩み。

卒論忙しいを言い訳に、ずるずると何もせず。。。いや、四季か。

時間は過ぎゆき。

講師登録していてその面談の電話がかかり、面接行って、そのまま講師1年やることに。

今回は大学卒業までで。

わかったのは、就活と教採の両立はかなりかなり不可能

でも就活、企業で働くのはいい経験になるだろうなあ。

なんてこと。やればよかったていう後悔はない、かなあ?

今振り返っても、どうすればいいかわからないままです。。

社会人になる前の最後の自由な時間、遊びたかったんです。。

卒論仕上げないと卒業できなかったんです。。

過去を変えることはできない。からまあしゃーない。