Continuous Journey

might write about my dreams, travel experiences, reading

8/8 Chicago🇺🇸ソワレ

f:id:yume-sakupan:20170808202119j:image

 

え、英語なんか。と驚きを隠せなかった。

予習全くしとらんでー。

 f:id:yume-sakupan:20170808215803j:imagef:id:yume-sakupan:20170808215813j:imagef:id:yume-sakupan:20170808215819j:image

あの男の人、どんだけ声伸ばしてたん?

1分くらい伸ばしてなかったかい??

ロンドンのファントム並みかもしくはそれ以上?

 

アメリカっぽいなあと。

肌の色、体型とかの見た目もそうだし。

いろーんな役者さんがいて。そーゆー所、とんでもなーく私好みなんです。

衣装も内容もダイナマイトな感じで面白いわー。

でもずるい。ダイナマイトボディなのに足はめちゃんこ細いの。細いの。細いの。ヴェルマ・ケリー。

人生は不公平だ。

久々に思ひ出したわ、このセリフ。

多分アメリカの文化背景知ればもっと面白く感じるのだろけど、やはり見てはあかん方に目がいってしまったへんたいでした。

歌、すごーかった!

生演奏。金管楽器系があるのが良いね〜

ジャズ系の音楽は耳に心地よかった。

指揮の人もノリノリやったわあ。

 

ロキシーが、監獄行って、女たちそれぞれの言い分が面白かったなあ。

ヒ素。。

 

初見だったので、次どうなるかワクワクしながら観てました。

逆に言うと、見どころとかわからんかったし、曲名もわからんし役名も役者さんの名前も知らないしで、ぼんやりしか覚えてない。

まあ、とにかく良い経験でしたわ。